​尾崎  和美 

 (木版画作家/アーティスト)

大分県生まれ 兵庫県西宮市在住。

​尾崎カズミ→尾崎 和美

2005年イラストレーターとして活動をはじめる。

2012年木版画を主な画法とする。

主な仕事に『骨風』篠原勝之著、『月山・鳥海山』森敦著、

『余話として』司馬遼太郎著など書籍の挿画、文芸誌の表紙や挿絵など。

木版画の素朴な味わいと内包する思い

偶然の手技がもたらすおもしろさ

そのようなものを大事にし

印象的な作品作りをしていきたい。

自然からのインスピレーション、

植物と人との繋がり、

自然性などをコンセプトに制作しています。

技法

水性木版画。バレン摺り

​Kazumi Ozaki

artist /woodblock print artist

based in Kobe, Japan.

 

The simple taste of woodblock prints and the thoughts they contain.

The fun of accidental handiwork.



I cherish these things.

I want to create impressive works.

Inspiration from Nature.

Relationships and connections between plants and people.

I work daily with the concept of nature.

<受賞歴>

2005年digmeoutオーディション通過

玄光社147回ザ・チョイス入選、146回準入選、185回準入選

PONTOON装画コンペvol.13準入選

【EXHIBITHION】

2006 個展『はっぱごっこ』iTohen /大阪

2008 個展『森は友だち』caloBookshop&gallery /大阪

2012 個展『はなのこたち』ビストロなかの屋 /大阪

   3人展『植物のある暮らし』奥田由味子・尾崎小夜子 /滋賀

2013 個展『はなのこたち2』無国籍料理Aggi /大阪

​    グループ展『菓子と懐紙』galleryあしたの箱 /大阪

2014 3人展『植物のある暮らし』奥田由味子・尾崎小夜子 /滋賀

    2人展『Monsoon』つき山いくよ尾崎カズミ galleryあしたの箱 /大阪   

2015   個展『めぶく』DMOARTS /大阪

           グループ展『Black&White』DAZZLE /東京

   個展『食卓とすきま風』OPAgallery /東京

2016   グループ展『Black&White』galleryDAZZLE /東京

           グループ展『花に聞く』OPAgallery /東京

      個展『木陰のすきま』garerie6c /兵庫

2017   グループ展『Black&White』galleryDAZZLE /東京

           グループ展『花に聞く』OPAgallery /東京

           個展『off the wall』TeToTe /兵庫

      個展『みずべ』OPAgallery /東京

​2018   『第4回日仏交流版画展』CITE INTERNATIONAL DES ARTS / パリ

     個展『やまとみずべと、』GALERIA RETRO D'OURO/兵庫

     グループ展『LIME』GALLERY SHIMIZU/横浜

     個展『hair』ZAZIEhair/大阪

2019   グループ展『水辺の風景』galleryDAZZLE / 東京

   グループ展『ギフト展』GALLERY SHIMIZU / 横浜

   個展『道草のとちゅう』caloBookshop&gallery / 大阪

   グループ展『tetote5周年の企画展』tetotecafe / 大阪

2020   グループ展『たからものforおくりもの』BIOME/ 神戸

   グループ展『日韓友好版画展』兵庫県立美術館 / 神戸

   個展『エトセトラカット展』salon tetenor / 兵庫 西宮

2021   個展「にかほのほかに」/ 秋田