とちゅうのとちゅう

散歩の途中

道草の途中


木版画も人生も途中の途中


木版画のスタートが40歳過ぎてからだったことや

家族もいてマイペースに作業していることから

10年近く木版画をやっていてもまだまだ飽きずにやってみたいことがあります。

これは作家にとってはとても幸せなことで有難いなと思う。


だけども最近はめっきりと体力が落ちてきているのでまず体力作り〜

ヘルニアやすべり症とうまく付き合う道も見つけたい。



18回の閲覧0件のコメント